理学療法士になるには

理学療法士は国家資格ですので、国家試験に合格する必要があります。
理学療法士になるためには、国家試験受験にむけて、専門学校や大学等の養成校で3年~4年間、理学療法士として必要な知識や技術を学びます。その後、毎年1回開催される国家試験に合格することで理学療法士になることができます。

理学療法士になってから

進歩する医療の中、絶えず日々の勉強をしながら、患者さんの治療に活かす。理学療法は困難な仕事ですが、やりがいのある仕事です。

ページの先頭へ戻る