京都大学運動機能セミナー2022 『協調から捉える股関節機能障害に対する理学療法』

セミナー名称 京都大学運動機能セミナー2022 『協調から捉える股関節機能障害に対する理学療法』
主催者名称 京都大学運動機能研究会
内容

股関節の機能障害は、股関節疾患だけでなく、他の下肢や脊柱における疾患・障害の根源的な問題となっていることが多い。股関節は、骨(大腿骨と寛骨臼)および関節唇や関節包靭帯、筋などの軟部組織が協調することによって、局所の安定性と可動性を保っている。さらに、隣接する脊柱とも協調することで力学的ストレスが分散され、股関節の健全な状態が保たれ効率的な動作が行われる。これらの協調機構が破綻することが、疾患・障害の引き金になると考えている。本セミナーでは、"協調"を縦糸として、股関節機能の巧みさとその障害のメカニズムを概観するとともに、股関節機能障害に対する具体的な評価・治療方法を実際の患者動画なども交えて紹介する。

講師

建内 宏重(京都大学大学院 医学研究科 人間健康科学系専攻 准教授)

開催日時 2022年6月19日(日)10時~16時
開催形式 オンライン(ZOOMによるライブ配信)
定員 -
受講費 7,000円(税込)
申込期間 応募締め切り日:2022年5月29日(日)
申込方法 下記1~6項目を明記し、問合先のメールアドレスにE-mailにてお申し込みください。
1. 受講希望のテーマおよびセミナー日時
2.氏名(フリガナ)
3.所属(勤務先名称、勤務先住所)
4.メールアドレス(受講可否の連絡をしますので、病院のアドレスなど共通のアドレスではなく、必ず連絡の取れる個人のアドレスにしてください。)
5.職種
6.緊急連絡先(携帯電話番号)
問合先 問合先および申込み先 E-mail:kyoto.undoukinou@gmail.com
その他 *受講者には事前にセミナー資料(PDFファイル)を配信いたします。
*応募締め切り日以降に受講可否についてメールでご連絡いたします。応募締め切り日から1週間を過ぎても受講可否の連絡がメールにて届かない場合はお問い合わせください。
*セミナーの詳細については、ホームページをご覧下さい。

※本ページは主催者から提供された情報を掲載しています。

トップへ戻る