理学療法の日とは?

笑顔をあきらめない。

今日、理学療法士が活動する場は、高齢社会の進展、医療高度化などにより、医療、福祉、介護の分野だけでなく、疾病予防や保健などさまざまなステージに広がっています。

理学療法の日は、そのような理学療法士とその活動について多くの方に知っていただくことで、日本全体の保健・医療・福祉がより良くなることを願って定められた日です。

また、7月17日を挟んだ一週間は「理学療法週間」です。理学療法週間には、全国各地で理学療法に関するイベントやセミナーが多数行われます。ぜひお近くのイベントに参加して、理学療法と理学療法士を身近に感じるきっかけとしてください。


7月17日の由来

昭和40年、理学療法士について定めた法律「理学療法士及び作業療法士法」が公布され、翌年、第1回理学療法士国家試験が実施されました。この試験に合格した110名の理学療法士によって同年7月17日に結成されたのが、日本理学療法士協会です。理学療法の日は、この日本理学療法士協会結成の日にちなんで制定されました。 日本理学療法士協会は、理学療法を行う唯一の学術および職能団体として学会の開催や学術書の発行等を通じ、今日に至るまで理学療法と我が国の保健・医療・福祉の発展に貢献しています。


▲英語による養成の風景

【コラム】理学療法士養成のはじまり

戦後日本の理学療法士養成は、WHOなどの援助のもとで始まりました。当時の日本には理学療法士養成に必要な教科書や人材が不足していたため、欧米のものをそのまま使用するかたちで養成が行われました。 そのため、教員はアメリカやイギリスからの招聘、当然講義もすべて英語で行われました。教科書も英語で書かれたものを使用しました。日本人による教育が行われるようになったのは、1970年代以降のことです

ページの先頭へ戻る