理学療法ってなんだろう?

みなさんは、理学療法という言葉から何を想像しますか?
病院のリハビリ室、ケガをした人行う歩行訓練などのイメージを持つ方がいらっしゃるでしょう。
一方で、障がい者スポーツや地域の介護予防教室をイメージした方もいらっしゃるかもしれません。

理学療法とは、身体の機能回復・維持を目的に身体と心の両面からはたらきかける療法の一つです。理学療法について定めた法律「理学療法士及び作業療法士法」のなかで理学療法は「身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう」と定義されています。

法律にあるように、その人の失われた身体機能を回復・改善することは理学療法の目的の一つです。ケガをした人が行う歩行訓練のイメージは、理学療法のこの部分と重なります。その一方で、理学療法には現在の身体機能や健康を維持・増進し、未来のケガや病気を予防するという目的もあります。障がいを持った方の競技復帰の支援も、理学療法が活用されています。介護予防で紹介される効果的な運動法なども理学療法に基づくものなのです。

理学療法は、回復・改善と維持・予防の双方からみなさんのくらしと笑顔を支えています。

理学療法士の仕事

理学療法士は人の身体の動作についてのエキスパートであり、理学療法を用いて「もう一度自由に動けるようになりたい」「ずっと元気でいたい」という想いの実現をお手伝いするのが仕事です。理学療法士は病気やケガの回復を促し、社会や日常生活に戻るまでの役割を担うほか、自立支援、生活支援、健康増進、介護予防などさまざまな場面で活躍しています。

理学療法士になるには

理学療法士として仕事をするためには、まず国家資格を取得することが必要です。国家資格とは、国が法律で定め、国や地方自治体などが認定する資格のことをいいます。理学療法士の場合は、「理学療法士及び作業療法士法」にもとづき、厚生労働大臣が免許を与えます。