理学療法士の仕事とは

理学療法士は、病気やケガの発症直後から、その人がもとの生活に戻るまで、
幅広い場面で身体の状態や時期に応じた理学療法を提供します。また、医療施設
だけではなく、地域やスポーツなどさまざまな場面で活躍しています。

医療施設において

急性期

重症の患者さんが24時間体制で治療を受けている
集中治療室などの場面においても、理学療法士は活躍しています。


回復期

回復期とは、病気やケガの状態が安定し機能回復や能力改善を目的に理学療法が積極的に行える時期です。
理学療法士は生活復帰や社会復帰を目的に理学療法を行います。


生活期

理学療法士は、自宅や施設などでその人らしい生活を実現させるためのサポートを行います。
また、 その方の能力を生かした介助方法など、ご家族への指導も行います。


介護予防において

病院の中での治療だけでなく、地域の介護予防、
コミュニティー形成にも積極的に関わり、地域単位での
介護予防の輪を広げていく事も理学療法士の仕事です。


地域のなかで

症状を考慮し、運動機能を維持・改善する療法を提供し、暮らしやすいよう生活環境を調整するのも理学療法士の大切な仕事です。様々な専門職と連携し、その人の暮らしに沿って行う訪問リハビリテーションは、より近い位置で患者さんを支える力になります。


障害児への関わり

障害児への関わり

生まれもった心身の状態や病気や事故の影響で何らかの困難や遅れがある場合、そのお子さんの潜在的な能力を最大限に引き出し、心身機能の改善を図ります。 また、ご自宅や学校などで行える理学療法や生活方法の提案、補装具(靴、椅子など)の検討などを行い、お子さんの健やかな成長を支援しています。


スポーツ・健康増進

ケガや病気をしてからではなく、その予防や健康増進の分野においても理学療法士は活躍しています。運動選手が高いパフォーマンスを発揮するためフォームの指導を行ったり、また障がいを持った方の競技復帰、再発予防にむけた支援などの分野でも理学療法士は活動しています。

ページの先頭へ戻る