理学療法の日

第9回「笑顔をあきらめない。」写真コンテスト

日本理学療法士協会は理学療法の日(7月17日)にちなみ、様々な広報活動を行っています。
そのひとつとして、本会のキャッチコピー「笑顔をあきらめない。」を冠した写真コンテストを開催しています。

応募作品の中から優秀作品が選出されましたので、発表します。
ご応募いただいた皆さま誠にありがとうございました。

選考結果

最優秀賞

2021photocon_01.jpg

タイトル:義足で歩む人生
作者:義足ウォーカー 様

僕は16歳の時に交通事故に遭い、両足を付け根に近い部分から切断しました。右足は11cm、左足は5cmしか残りませんでした。

当時2回トライした義足リハビリは失敗に終わりました。それでも歩くことをずっと諦めきれず、事故から23年後に再挑戦。およそ8か月のリハビリを経て、義足歩行を獲得することができました。足を切ってからずっと思い描いていた義足生活には至りませんでしたが、今では義足が、リハビリが、僕の生活の一部となっています。僕のような極短断端の両大腿切断という厳しい条件でも、歩くことができると証明し続けていきます。

これから義足で叶えたい夢は、大きくなった娘と手を繋いで歩くことです。

優秀賞

2021photocon_02.JPG

タイトル:年の差、90歳!
作者:しょうさん 様

ひ孫とのツーショット写真。祖母は96歳で、耳が遠く、軽い認知症です。しかし、ふたりのトークは、年の差、ソーシャルディスタンスを越えて、笑顔になれるガールズトークのようです。

今ではコロナ禍で、ビデオ音声での画面越しからの会話ですが、この写真をみるとお互いにふと、今でも笑ってしまうそうです。

2021photocon_03.JPG

タイトル:ひとの情けがわかった 生きていてよかった
作者:内藤 幾愛 様

慢性閉塞性肺疾患で入院治療の後、在宅酸素療法を導入し、奥さんと息子さんの待つ家に帰った。訪問診療の医師、訪問看護師、ケアマネジャーが関わり在宅生活を支援。病状悪化によりベッド上安静期間がしばらく続いた。右上下肢の拘縮は進み、原因不明の疼痛も伴い、オムツ交換は「痛い痛い」、食事はギャッチアップ約20度で食器も覗けない状態だった。訪問看護師からの相談で訪問理学療法士も在宅生活支援の仲間入り。直接関われる時間は週140分のみ。"リハビリとは何か?" 朝のお経で肺機能練習、食事のギャッチアップで股関節の可動域練習。週2回の訪問看護師のケアに端坐位を。これが生活の中での"リハビリ"の力。動かせなかった右足がベッドから1㎝持ち上がる。「痛ーい!」が「もう一度歩きたい!」に変わる。「初めまして」から約1年、ベッド生活から約2年。10分間だけど外の空気を満喫できたこの日。息子さんがシャッターを切った。

佳作

2021photocon_04.JPG

タイトル:暖かいね
作者:たか 様

ひ孫を嬉しく抱っこして笑顔

2021photocon_05.JPG

タイトル:おじいちゃん、ひさしぶり。
作者:三鴨 可奈子 様

生まれてからずっと人工呼吸器をつけて生活してるんだ。
声を聞き分けるのが得意で、いつもちゃんとみんなの声を聞いているよ。
入所することになって、なかなかおじいちゃんに会えなくなっちゃったんだけど、おじいちゃんに会えると嬉しくて、ついつい笑顔になっちゃうんだ。
横になっている時より、立っている時のほうがいい顔するねって言われるよ。

2021photocon_06.png

タイトル:幸せの瞬間!
作者:河口 広 様

八女市にある「星の広場」で撮った両親の幸せの瞬間!普段からじっとしていられない父が脳梗塞で左半身付随となり生活も一変しました。当たり前だと思っていた日常の一つ一つがとても貴重で大切な事なんだと感謝の気持ちを痛感させられました。入院していた病院では理学療法士の方々から硬まりかけている筋肉をほぐして頂き、歩行訓練、そして精神面も含め治療に前向きになれる様、寄り添って声掛けをしていただいたお陰で杖を持って歩行出来る様になったのです。退院後は自宅で塞ぎ込む日々が続きました。母も父を支えながら仲良く暮らしていましたが、私が実家に帰った時、介護の疲れが表情や私生活の動きに現れていたのが印象に残ります。そんな時、最愛なる両親の笑顔を取り戻し元気になって貰える様「星の広場」に車を走らせました。現地に到着すると開放感ある環境で緑ある景色を見て両親も最高の笑顔で幸せを感じてくれた事と思います。



2021photocon_07.jpg

タイトル:また来年、春を待ちわびようね
作者:對馬 由凱 様

コロナ禍の中、外出の自粛をやむ終えない今。
感染者数も落ち着いた、春頃、「桜をみに行こうよ!お母さん!!」そのような情景を思い浮かばせ、シャッターを押したとある"家族"の一枚です。
満開の桜並木を見上げ、笑顔を零しながら二人は歩き、そんな中、そっと娘さんは、お母さんの歩く歩幅に合わせていました。
「また来年も一緒に見に行こうね」そんな会話が聞こえてきそうに、二人は笑顔で歩いて行きました。

関連資料

※受付は終了しています。