熊本地震災害対策本部からのお知らせ

平成28年5月2日 熊本県士会員の安否確認について(結果ならびにお願い)

日本理学療法士協会現地災害対策本部・日本理学療法士協会災害対策本部にて、熊本県理学療法士協会所属会員の安否確認を実施し、4月28日に完了いたしました。

【安否確認結果】
回答者:2,314名(回答率 90%)
未回答者:256名(電話不通者)

未回答者につきましては、弊会からメール、並びに電話連絡をいたしましたが、安否情報を確認することができませんでした。
(一部の施設は被災している関係で電話連絡を行えませんでした)

お心あたりの方は落ち着かれてからで結構ですので、熊本県理学療法士会事務局までご連絡をいただけますと幸いです。

平成28年4月28日 被災された会員の皆様へ

年会費免除申請について

被災された会員の方について、平成28年度年会費免除の申請を受付いたします。
※受付は終了いたしました。

平成28年度熊本地震で家屋損壊に遭われた会員への対応について

本会「弔事ならびに見舞金の支給に関する規程」第6条に基づき、地震発生時に会員が居住していた自宅が罹災(全半壊、全半焼、全半流出)した場合、被災見舞金を支給いたします。
※受付は終了いたしました。

熊本県理学療法士協会会員に対する年会費の納入期限の延長措置について

※延長措置は終了いたしました。

平成28年4月28日 地域JRATを通した支援活動参加に際しての注意事項等

地域JRATを通じて支援活動に参加される皆様へ

地域JRAT(都道府県JRAT)への連絡事項の情報共有です。
支援活動参加に際しての注意事項等が記載されておりますので、必ずお読みください。

  • 1. 現地にてノロウイルスが発生しているとの情報があります。
    ノロウイルスに効果のある速乾性のアルコール消毒液、活動者が使用する手袋・マスクを持参するようにしてください。
  • 2. 宿泊について、現地活動本部にて指定された宿泊場所に宿泊するようにしてください。
    何らかの理由により指定以外の宿泊先を希望する場合は、事前に現地活動本部に相談をしてください。

なお、現時点での宿泊先(熊本機能病院)の情報は以下の通りですが、活動場所によっては宿泊先の追加があるようです。

★医療法人社団 寿量会 熊本機能病院の情報です。
【住所】
〒860-0084 熊本県熊本市 北区山室6丁目8-1

【詳細情報】

  • 宿泊について
    病院内の施設・部屋の使用が可能です。
    朝晩は寒いので寝袋・毛布は必要です。洗面道具も持参してください。
    水道・電気・トイレ等のライフラインは問題ありません。
  • 食事について
    忙しい活動時に少し食べる程度の食料・水は必要ですが、活動期間中のすべての食料は必要ありません。
    病院からの差し入れ、今まで活動された先生方より頂いたものが多数あります。
    近隣のコンビニ・飲食店も多数開いています。
  • 風呂について
    車で15分程度のところに施設がありますが、大変混雑しているようです。

平成28年4月26日 義捐金の受付について

熊本地震で被害を受けられた地域の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

本会では、熊本地震での被災者支援のため、義捐金を受け付けています。
皆さまの温かい支援をよろしくお願い申し上げます。

※義捐金の受付は終了いたしました。ご協力いただいた皆様におかれましては、心より御礼申し上げます。

平成28年4月25日 DPAT事務局のホームページに平成28年熊本地震避難所マップが掲載されました

詳細はリンク先ページをご確認ください。

平成28年4月22日 都道府県理学療法士会としての今後の活動に関するお願い

4月20日午前時点、熊本JRATで避難所アセスメントの態勢が整備しつつあるようです。
熊本地震JRAT災害対策本部では、今後の避難所支援の方策を検討している段階ですが、水の復旧の遅れと余震による避難者の変動により、必要人員や巡回ルートがなかなかみえないようです。
ただ、みえたら即支援活動を展開すると思いますので、先行して人材バンク的に各士会で把握して、地域JRATを通じて熊本地震JRAT災害対策本部へ連絡してください。そうすることで、JMATへの登録の手続きがなされます。
会員個人としてではなく、都道府県理学療法士会や地域JRATを通してのご支援を切にお願いいたします。

災害対策本部組織図 等

※クリックで全画面表示されます。

平成28年4月22日 平成28年熊本地震支援に派遣される会員の方へ

会員 各位

現地避難所等にはマスコミが大変多く、インタビュー等の機会に遭遇することも多くなります。
現地での活動の際は、被災者への配慮および個人情報保護について十分に留意していただき、
対応してください。ご不明点がございましたら、JRAT熊本地震災害対策本部にお尋ねください。

日本理学療法士協会

平成28年4月19日 平成28年熊本地震への対応について

本会はJRATと歩調を合わせて活動をとります。
現在、熊本地震JRAT災害対策本部を通し、現地の情報収集に努めております。
JRATと同調することを原則としていますので、熊本地震JRAT災害対策本部からの要請に応じてJPTAとして担うことがあれば熊本地震JPTA災害対策本部で協議し、必要に応じて対応します。
なお、熊本地震JRAT災害対策本部は4月15日に田町CR会議室に設置しました。本会としては本部の場所等の提供と業務調整員としての人員派遣をしています。
熊本JRATの要請に応じる形で災害リハ支援活動を展開する方針です。

災害対策本部について

平成28年4月18日に熊本地震JRAT災害対策本部を立ち上げました。

対策本部長 会長 半田 一登
副対策本部長 副会長 斉藤 秀之
事務局長 事務長 湯元 均
トップへ戻る