新型コロナウイルス感染症への対応について

本会では、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、国民の皆さまに向けた生活不活発病の予防や、会員の皆さまに向けた本会および行政などの対応についての情報の提供を行っています。
また、2020年6月からは本会に設置した「新型コロナウイルス感染症対策本部」の取り組みについても紹介しています。

国民の皆さまへ
理学療法士の皆さまへ
本会運営の対応
対策本部の取り組み

新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛による生活不活発病の予防について

会長メッセージ

国民の皆さまにおかれましては、新型コロナウイルス対策で大変な日々をお過ごしのことと思います。
一番の対策は人と濃厚接触しない、物を触らないこととされています。
これらを確実に実行しようとすると家に閉じこもることになります。

医学的に1週間安静をすると落ちた体力を回復するためには2週間かかるとされています。
1か月安静だと2か月もかかるのです。
体力を落とさないよう心掛けることが大事です。
家の中でも工夫をすれば十分な運動は可能です。
コロナに負けないように頑張っていきましょう。

※濃厚接触とは
濃厚接触かどうかを判断する上で重要な要素は二つあり、①距離の近さと②時間の長さです。必要な感染予防策をせずに手で触れること、または対面で互いに手を伸ばしたら届く距離(目安として2メートル)で一定時間以上接触があった場合に濃厚接触者と考えられます。
新型コロナウイルス感染症対策専門家会議では、対面で人と人との距離が近い接触(互いに手を伸ばしたら届く距離で2メートル程度)が、会話などで一定時間以上続き、多くの人々との間で交わされる環境は感染を拡大させるリスクが高いとされています。
(出典:厚生労働省 新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)Q16)

生活不活発病の予防について

国民の皆さまに向けて、生活不活発病を予防する運動に関する情報などを紹介しています。ぜひご活用ください。

生活不活発病の予防について

外出できない時に体力を落とさないためのリハビリ

外出できない時でも家の中でできる体力を落とさないためのリハビリを紹介しております。

詳しく見る

生活不活発病予防リーフレット

生活不活発病予防リーフレット

動かない生活は、元気だった高齢者でも、寝たまま動かない状態になりがちです。動かないと、生活行為が低下する"生活不活発"状態へ。
生活不活発病を防ぐポイントを紹介しております。

詳しく見る

理学療法ハンドブックvol1.健康寿命

理学療法ハンドブックvol1.健康寿命

詳しく見る

リガクラボ~毎日に笑顔をプラスするWEBマガジン

WEB広報誌「リガクラボ~毎日に笑顔をプラスするWEBマガジン」

新型コロナ対策:生活不活発病予防のすすめ(全5回)

詳しく見る

生活不活発病予防のための全面広告

4月27日付の読売新聞朝刊全面広告「生活不活発病予防のための全面広告」

詳しく見る

参考情報

関連コンテンツ

お知らせ

会員の皆さまに向けて、コロナ禍における臨床業務、感染症予防などにお役立ていただけるコンテンツを掲載しています。
研修会等の開催、生涯学習制度、厚生労働省への要望書提出などは「本会の対応」をご確認ください。

研修開催指針(更新日:2021年4月13日)NEW

現在の全国での感染状況を鑑み、一括での研修開催指針のステージ設定は終了いたしました。
今後の研修会、講習会開催にあたっては、地域の実態に応じて感染拡大防止に努めることとします。
その際の参考資料として、ステージと開催指針をご活用ください。

  • 新型コロナウイルス感染症対策本部はこちら(掲載日:2021年4月13日)

会長メッセージ

要望書の提出について

対面集合事業の中止について

  • 新型コロナウイルス感染拡大に伴う本会主催会議等への対応についてはこちら(更新日:2020年8月11日)
  • 新型コロナウイルス感染拡大に伴う本会主催会議等の中止についてはこちら(更新日:2020年4月6日)

生涯学習制度について

  • 【重要】新生涯学習システム開始時期の延期についてはこちら(掲載日:2020年4月6日)
  • 以下の件については、「講習会・研修会」のページに掲載しています。
    2020年度の協会指定研修・認定必須研修会の開催(掲載日:2020年4月7日)
    2020年度e-ラーニング実施コンテンツ一覧(掲載日:2020年4月7日)
  • 第55回日本理学療法学術研修大会2020 inおおいた 開催延期についてはこちら

臨床業務にあたっての教育・参考資料

  • 会員限定コンテンツに新型コロナ対策本部理学療法業務等委員会作成の管理者向け動画を掲載しました。(掲載日:2020年10月10日)

    STEP1 マイページにログインし「会員限定コンテンツ」の入口をクリックしてください。
    STEP2 「テキスト・参考資料」のパネルをクリックしてください。

  • COVID-19感染予防動画の文章図表化を掲載しました。(掲載日:2020年7月20日)
  • 講義動画「コロナ禍で見直す、感染予防の理論と実践-感染管理と理学療法の両立-」(Youtubeチャンネル)はこちら(掲載日:2020年4月30日)
    ※理学療法士を対象とした感染予防対策についての講義です。ぜひご視聴ください。
    ※上記動画に英語字幕・スライドを掲載した「英語版」を掲載しました。(掲載日:2020年6月17日)
  • 住民教育および通いの場の再開・運営の指針」に「『新しい生活様式』対応 住民主体の 『通いの場』運営ガイド ver2.0」を掲載しました。
    (掲載日:2020年7月13日)
  • 一般社団法人日本リハビリテーション病院・施設協会
    「新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた リハを提供する病院・施設における注意点(第一報)」はこちら
  • 回復期リハビリテーション病棟協会 事例集はこちら
  • 訪問リハビリテーション振興財団 初動対応マニュアルはこちら

日本理学療法士学会コンテンツ

厚生労働省等、他団体からのお知らせについて

  • 厚生労働省事務連絡についてはこちら
  • 新型コロナウイルス感染症に関わる介護サービス事業所の人員基準等の臨時的な取扱いについてはこちら
  • オーストラリアの理学療法士を中心としたエキスパートによる「急性期病院におけるCOVID-19の理学療法管理」翻訳版はこちら(日本集中治療医学会ホームページへ移動します)(掲載日:2020年4月7日)
  • World Physiotherapyの新型コロナウイルス感染症に関するページはこちら(掲載日:2020年5月1日)
  • チーム医療推進協議会より、「【第1回・第2回緊急調査】新型コロナウイルスに関する状況調査」の結果が届きました。回答にご協力いただき、ありがとうございました。
    結果はこちら(掲載日:2020年6月5日)
  • チーム医療推進協議会より、「【第3回緊急調査】新型コロナウイルスに関する状況調査」の結果が届きました。回答にご協力いただき、ありがとうございました。
    結果はこちら(掲載日:2020年8月18日)

お知らせ

「新型コロナウイルス感染症対策本部」の事業移管についてNEW

COVID-19の猛威は収まる気配がない状況で、会員の皆さまにおかれましても国民の皆さまの健康と暮らしを守るために奮闘しておられることと存じます。今後も気を緩めず、理学療法士業務に、そして生活行為に十分な注意をお願いします。

本会ではCOVID-19による影響調査と抜本的対策を組織的に行うことを目的とし、令和2年6月に2020年度内という前提で対策本部を立ち上げました。そして「感染予防」「実習・教育等」「理学療法業務」「組織等」「広報」「政策」へ責任者を配置して活動を行ってきたところです。

新年度を迎えた現在、未だにCOVID-19の収束が見えない中、今後の対策本部の扱いについて協議を行った結果、残された課題等については本会事業に移管して引き続き積極的かつ継続的な対応を行っていくこととしました。

新たな事案が発生した場合についても本会事業にて対応することとします。
ご理解ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。

会長  半田 一登

研修会開催指針

現在の全国での感染状況を鑑み、一括での研修開催指針のステージ設定は終了いたしました。
(2021年4月13日現在)NEW
今後の研修会、講習会開催にあたっては、地域の実態に応じて感染拡大防止に努めることとします。
その際の参考資料として、ステージと開催指針をご活用ください。

組織図

活動状況報告

行動計画(概観)

新型コロナ対策本部レター

国民の皆さまに向けた生活不活発病予防策や、本会の運営・各種事業に関する対応は「新型コロナウイルス感染症への対応について」をご覧ください。

新型コロナウイルス感染症対策本部について

※本メッセージは対策本部設置時のものです。

本会では新型コロナウイルスの感染が拡大する中、この非日常的状況に対して厚生労働省医政局や保険局に対して個別的な対応をすると共に感染予防対策を中心として活動してきました。先日、政府の緊急事態宣言が解除されたことで、この非日常的状況がやや落ち着きを見せはじめ、withコロナが囁かれ始めています。この度、新たに新型コロナウイルス感染症対策本部を立ち上げることで、新型コロナウイルスによる影響調査と抜本的対策を組織的に行うことといたしました。

この対策本部では、これまで行ってきた感染予防対策は当然ながら、学校教育への影響と対策、理学療法業務への影響と対策、組織運営への影響と対策に関する部門を立ち上げ、それぞれの部門の下に必要な作業部会を配置します。加えて、行政府との情報共有と連携のために政策担当を配置、会員への広報をより充実させるために広報担当を配置しました。なお、この対策本部は令和2年度以内を念頭に置いて活動し、令和3年度以降は一般的な協会活動として必要な事項に対処します。

対策本部では今日的対応のみではなく、予測される第2波、あるいは新型コロナ感染症の長期化に伴う様々な課題に対応することが中心となります。この度の経験を活かし、これからのあらゆる状況においても、感染予防が徹底できる医療職を念頭に置きながら、その上で出来得る限り適時的確な理学療法業務・理学療法教育、そして組織運営を目指します。

今後、対策本部として影響調査等を多角的に行います。会員の方々のご協力をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症対策本部長
  半田 一登

トップへ戻る