理学療法士とは

理学療法士とは

理学療法士はPhysical Therapist(PT)とも呼ばれます。ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。治療や支援の内容については、理学療法士が対象者ひとりひとりについて医学的・社会的視点から身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプログラムを作成します。

理学療法士を一言でいうならば動作の専門家です。寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活を行う上で基本となる動作の改善を目指します。関節 可動域の拡大、筋力強化、麻痺の回復、痛みの軽減など運動機能に直接働きかける治療法から、動作練習、歩行練習などの能力向上を目指す治療法まで、動作改 善に必要な技術を用いて、日常生活の自立を目指します。

理学療法士は国家資格であり、免許を持った人でなければ名乗ることができません。理学療法士免許を取得した後は、主に病院、クリニック、介護保険関連施設等で働いています。近年は、高齢者の介護予防、フレイル予防、健康増進、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病に対する指導、スポーツ現場、産業分野など活躍の場が広がっています。

笑顔をあきらめない。(6分6秒)

笑顔をあきらめない。(6分6秒)

私たち理学療法士は、みなさまの「笑顔をあきらめない」ための活動をしています。
今回の動画では、理学療法士だけでなく、患者さんや利用者さんにもインタビューにご協力いただき、理学療法の現場の声を紹介します。後半には、これからの社会のために理学療法(士)に何が求められるのか、本会会長のメッセージも収録しています。

  • 健康管理、身体機能保持・増進のために

人生100年時代に、健康を維持していくために、その人に合った身体運動をアドバイスします。

  • 家で寝たきり・閉じこもりがちな人たちへ

生活にメリハリをつけ、寝食を分け、生き生きとした、その人らしい生活をみつけるための支援をします。

  • 障害があって在宅生活を始める人たちへ

いざ、病院を退院し在宅生活を始めると、その環境の違いや介護方法など戸惑うことが多くあります。その人に適した理学療法を提供します。

  • 障害のある子供たちへ

成長とともに、その成長を手伝うのに、どのような方法がよいか、共に考えます。

理学療法士の活躍場所

  • 介護施設や在宅において

通所リハビリテーション、訪問リハビリテーション、住宅改修・福祉用具のアドバイス等、介護保険サービスの現場において理学療法士が活躍しています。

詳しくみる
  • 医療施設において

理学療法⼠は、様々な疾患の発症早期から、状態や時期に応じた理学療法を病院/診療所などの医療施設において提供しています。

詳しくみる
  • 健康増進や予防において

理学療法士は、病気やケガを予防するための健康増進や高齢の方の介護予防などに取り組んでおり、さらに生活習慣病に対する運動指導や個々に適した就業環境の提案などにも活躍の場が広がっています。

詳しくみる
  • 教育現場や研究において

教育現場で活躍する理学療法士は、優れた理学療法を行うための知識と患者さんの立場に寄り添う感性を併せ持つ理学療法士を養成することが使命です。また、常によりよい理学療法技術を確立するための研究活動を行っています。

詳しくみる

理学療法士について

  • これからの国家資格、これからの仕事

病気やケガによる「障(傷)害があること」は、これまで一部の人の特別なものと思われがちでした。しかし現在では、誰にでも起こり得ることとして受け止められています。そのために理学療法士を志す人々が増えています。これらの人々は大学や専門学校において、さまざまなことを学び国家資格の取得を目指しています。

  • さまざまな産業と結びつく

障害者や高齢者、そして介護者にとって、住宅環境や生活環境、自動車での移動、多くの人々との情報交換、緊急時の通信システムなどをどうすれば便利なのか - 理学療法士はこうした情報の提供もしており、医療現場だけではなく、他の産業とも強く結びついています。

  • 家庭でも、地域でも

理学療法士は医療機関の中だけで仕事をするのではありません。地域のデイケアセンターや保健福祉センター、ホームヘルパーやボランティアへの指導、訪問理学療法、家屋改造、そして車いすや補装具を作る上でも関わりを持っています。障害を持つ人々がもとの生活に復帰し、さらに新たな人生を歩み始めるためにも、様々な場面での理学療法士の活躍が期待されています。

  • 「与える医療」から「支える医療」へ

病気やケガ、障害に立ち向かうのは最終的に障害を持った本人であり、そこには本人の考えや判断が配慮されなければなりません。そのために単に「与える医療」ではなく、障害を持った人々やその介護者と心を通い合わせながら進める「支える医療」 - つまり私たち理学療法士の仕事が、今後ますます必要となることでしょう。

トップへ戻る