リンパ浮腫複合的治療料 実技研修会(更新日:2021年4月2日)

リンパ浮腫指導管理料の対象となる症例(腫瘍に対する手術等の後にリンパ浮腫に罹患した国際リンパ学会による病期分類I期以降の患者)に対して、複合的治療を実践するために必要な知識と技能を修得することを目的に、研修を開催いたします。

新型コロナウイルス感染症拡大により、2020年度の研修会については(東京・大阪・福岡)すべて中止となりました。
2021年度の研修会につきましては、現在検討中です。

本研修会は日本作業療法士協会との共催の研修会です。
2021年度は日本作業療法士協会ホームページ内でのご案内となります。

注意事項

以下を必ずご確認の上、お申し込みください。

  • 日本理学療法士協会、日本作業療法士協会の正会員であること。
  • 本研修を修了するためには、研修期間が終了するまでに厚生労働省後援「新リンパ浮腫研修*」の受講を必須とする。
    *新リンパ浮腫研修会についての詳細はこちら(外部サイト)
  • 厚生労働省後援「新リンパ浮腫研修」を修了し、実技試験を除く研修を57時間(38コマ)以上受講した者(欠席が2日未満の者)は、修了実技試験を受けることができる。
  • 本研修期間内に1日の臨床実習研修を受講しなければならない。
  • 修了実技試験に合格した者には、認定証を発行する。
  • 完全受講できなかった者は、翌年に限り不足分の研修(コース単位)を受けることで完全受講とみなす。ただし、研修会の回数分相当の受講料の支払を必要とする。
  • 修了実技試験に合格できなかった者は、翌年に限り修了実技試験を受けることができる。
トップへ戻る