医療保険・介護保険・障害福祉サービス等

診療報酬・介護報酬・障害福祉サービス等報酬に関連する改定資料や通知等を掲載しています。

診療報酬について

診療報酬に関する改定資料や通知等を掲載しています。
平成28年度以前の診療報酬改定については、「過去の診療報酬改定情報」をご覧ください。

介護報酬について

介護報酬に関する改定資料や通知等を掲載しています。
平成29年度以前の介護報酬改定については、「過去の介護報酬改定情報」をご覧ください。

障害福祉サービス等報酬について

障害福祉サービス等報酬に関する改定資料や通知等を掲載しています。
平成27年度以前の障害福祉サービス等報酬改定については、「過去の障害福祉サービス等報酬改定情報」をご覧ください。

チーム医療について

チーム医療の一環として実施するセミナーのご案内です。

下の表は横にスクロールできます。

研修会名 申込先

理学療法士の申込多数により、9/8(水)以降に申込をいただきました理学療法士の方におきましてはキャンセル待ちとさせていただきます。

セミナー名:訪問看護における多職種連携の普及啓発にかかるセミナー「多職種協働による効果や成果について」NEW
共催:公益財団法人日本訪問看護財団
   一般社団法人日本作業療法士協会
   一般社団法人日本言語聴覚士協会
   公益社団法人日本理学療法士協会

内容:在宅医療の充実に向けて、訪問看護ステーションに従事する医療専門職間の連携を強め、各事業所におけるサービスの質の向上を目指し、基調講演や事例紹介、シンポジウムを行います。

※本研修会は公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団の助成により開催します。

URLはこちら

QRコード
seminar_20211003_qr.jpg

プログラムはこちら

チーム医療の一環として実施した事業の資料を掲載しています。

下の表は横にスクロールできます。

研修会名 資料

訪問看護ステーションにおける看護師と理学療法士のより良い連携
共催:公益財団法人日本訪問看護財団
   公益社団法人日本理学療法士協会

内容:日本訪問看護財団との共催でセミナーを開催しました。
訪問看護ステーションの原点を確認し、看護師や理学療法士の立場から、ICTを活用した連携やエンドオブライフ・ケアにおける連携の取組みをご紹介しています。

ダウンロード (7MB)

腰痛予防事業について

日本の生産年齢人口は1990年代をピークに減少に転じています。医療・介護現場においても労働人材の確保は大きな課題であり、看護や介護職員の人員・生産性の両方に影響を及ぼす腰痛への対策は急務です。

理学療法士が所属する施設内において自らの専門性を発揮し、職員と連携して施設内の労働安全に関わっていくことで、より質の高い医療やケアの提供につなげることができると考えます。

本会では「JPTA2020年職場における腰痛予防宣言!」と題し、本会会員が所属する施設内で腰痛予防講習会の開催や職場のリスク見積と改善提案を実施するための支援を行っています。

詳細は、会員限定コンテンツ>2020職場における腰痛予防宣言 をご覧ください。
※新型コロナウイルス感染症終息後、再開予定です。

国民の皆様向けの「2020職場における腰痛予防宣言」ページはこちら

トップへ戻る